弁護士紹介

橋本 訓幸(はしもと くにゆき)

橋本 訓幸(はしもと くにゆき)
学歴 東京大学法学部卒業
出身 愛知県名古屋市
趣味 読書・パソコン・フットサル
動機 知識と技術を身につければ、それを直接人のために役立てることができる仕事だと思い、弁護士を目指しました。
経歴 ・神奈川県弁護士会所属、
・横浜簡易裁判所非常勤裁判官
(調停官。平成27年10月〜)、
ログリー株式会社社外監査役(平成29年2月〜)、
・神奈川県弁護士会川崎支部幹事
(平成27年度、平成28年度)、
・神奈川県弁護士会高齢者・障がい者委員会後見部会所属(平成23年4月〜)、
・神奈川県弁護士会IT委員会委員
(平成24年4月〜平成28年3月)等、
・横浜弁護士会常議員議員(平成24年度)、
・全国倒産処理弁護士ネットワーク会員、
・平成23年12月12日 横浜弁護士会倫理研修
「成年後見事件をめぐる倫理問題」講師担当
・日商簿記2級合格
主な取扱い分野 一般民事事件
(交通事故、不貞の慰謝料請求、未払賃金請求、貸金請求等)、離婚事件、遺産分割事件、債務整理(任意整理、破産、個人再生)等
その他裁判所から選任される事件として、破産管財人、成年後見人、相続財産管理人等の業務や顧問先からの法律相談等の業務も行っています。
コメント  MacやiPad等を積極的に活用して業務の効率化を目指している、自称IT派弁護士です。

 弁護士の敷居は、かつてと比べれば下がったとはいえ、依然としてまだまだ気軽に相談には行きにくいというのが現状ではないかと思います。
 しかし、トラブルというのは、風邪などの病気と同じで、こじらせてしまうと余計に負担が大きくなってしまいます。
 したがって、個人の方、自営業者・会社経営者の方のいずれについても、機を逃すことなく、早期に対処することが何より肝要です。

 現在では、インターネットを通じてある程度の情報を得ることができるようになりました。 しかし、インターネット上の情報は、それが正確かどうかの保証がなく、また、個々の具体的な場面にあてはまるかどうかの判断が難しいという問題点があります。
 自分の人生を左右するような重大な事柄について、そのような不確かな情報のみに基づいて判断するというのは大変危険です。

 我々は、弁護士ならではの高い倫理観と、専門的知見に基づいて、依頼者一人一人の利益を最大限確保すべく日々精進しておりますので、お困りの際は、どうぞお気軽にご相談いただければと思います。
ブログ 部屋と本とパソコンと法律と私