交通事故でPTSDになった場合の注意点 |川崎で交通事故に強い弁護士への相談

JR川崎・京急川崎駅
から徒歩

交通事故でPTSDになった場合の注意点

1 はじめに

交通事故で予期せず凄惨な場面を見て,また自身も傷害を負ってPTSDと診断されることがあるかもしれません。その場合,裁判上ではPTSDはどのように評価されるのでしょうか?

 

2 PTSDが問題となった裁判例

原告がPTSDによる後遺障害について後遺障害等級9級を前提として損害賠償を求めた事案で,東京地方裁判所平成14年7月17日判決は,以下のように述べています。

「…いずれも医学的診断基準であって、損害賠償基準ではなく、PTSDと診断されたからといって、後遺障害等級七級あるいは九級などの評価が直接導き出されるわけではない。」

しかし,

「交通事故は程度の差はあれ誰しもストレスを感じる出来事であるが、ストレス症状が、傷害の治癒や時の経過によっても消失せず後遺障害として残存した場合には、傷害慰謝料を超える賠償の対象となり得る」

とも言っています。そして,

「目に見えない後遺障害の判断を客観的に行うためには、今のところ上記基準(判決文中ではICD-10,DSM-Ⅳ)に依拠せざるを得ない」

としています。上記判決では,

①自分又は他人が死ぬ又は重傷を負うような外傷的な出来事を体験したこと

②外傷的な出来事が継続的に再体験されていること

③外傷と関連した刺激を持続的に回避すること

④持続的な覚醒亢進症状があること

という要件を厳格に適用して判断し,原告の症状はそもそもPTSDには該当しないが,本件事故に起因する心因反応として外傷性神経症と判断しました。そして,後遺障害慰謝料や逸失利益は,後遺障害等級14級相当の金額が認められております。なお,素因減額についても争点になりましたが,20%の素因減額が認められております。

 

3 裁判例の教訓

この裁判例から次のような教訓が導き出すことが出来ます。

・医師からPTSDと診断されたからといって,裁判上でPTSDと判断されるわけではない。

・裁判上でPTSDと判断されなくとも,事故に起因する心因性の外傷性神経症として後遺障害等級14級相当と評価される可能性がある。

・裁判所が上記①~④の要件を具備していると判断すれば,裁判上もPTSDと判断され,より上位の後遺障害等級(7級あるいは9級)を前提とした後遺障害慰謝料等が認定される可能性がある。

・素因減額の可能性がある。

 

4 終わりに

以上のようにPTSDについては,様々な注意点があり,しっかりと準備した上で裁判をすること必要になってきます。交通事故に起因するPTSDでお悩みの方は,交通事故事件に強い川崎ひかり法律事務所に相談されるのがよいでしょう。

この記事を監修した弁護士

()

賠償金増額できなければ、報酬は一切頂きません。

交通事故の無料相談はこちら