裁判により基本的過失割合を修正でき,車両の評価損も認定された事案 |川崎で交通事故に強い弁護士への相談

JR川崎・京急川崎駅
から徒歩

225万円
獲得成功!!

後遺障害部位

なし

後遺障害内容

なし

後遺障害等級:なし

解決方法:控訴審判決

40代 男性 会社員

保険会社提示額
110万円

解決方法
控訴審判決
解決期間:2年

賠償金増額に成功!!
225万円

裁判により基本的過失割合を修正でき,車両の評価損も認定された事案

ご相談前

交差点における直進車と右折車の衝突事故(いわゆる「ウチョク(右直)」の事故)でした。依頼者は,交差点に進入後,衝突までに急ブレーキを踏み停車しました。他方で,相手方は,対向車線を全く見ずに右折しているので衝突するまで,依頼者の車両に気づかず,ブレーキを一切踏みませんでした。依頼者は,青信号にしたがって直進をしていたにすぎず,事故原因は対向車線をきちんと確認せずに右折してしまった相手方にあるとして,かなり憤っておられました。信号機のある交差点の右直の事故では,基本的過失割合は,20:80なのですが,当初,相手方は過失割合を30:70で主張しておりました。そのため,依頼者は,納得がいかず,なんとかして欲しいとのことでした。

ご相談後

示談交渉により,過失割合は20:80まで譲歩させましたが,それ以上の譲歩が難しいこと及び車両の評価損でも争いがあったので,訴訟を提起することになりました。その後,訴訟が進行し,訴訟の第一審判決では,基本的過失割合通り,依頼者に2割の過失を認めました。第一審の判決内容には争点を逸脱した認定も見られたので,その点を指摘すれば,控訴審はより良い結果になるであろうとの見通しから,控訴を提起しました。

控訴審では,依頼者の主張通り,相手方に著しい過失が認められ,基本的過失割合を修正し,1:9との認定になりました。

弁護士からのコメント

基本的過失割合は,定型的に決まっておりますが,事案の内容から,基本的過失割合どおりではおかしいとの依頼者の思いに共感し,依頼者と二人三脚で控訴審まで戦い抜いた結果,基本的過失割合を修正することに成功しました。依頼者は,控訴審判決に納得していただき,無事に解決できました。

なお,ディーラーの担当者から事情聴取するなどして証拠を収集した結果,車両の評価損として修理費用の3割が判決で認容されており,物的損害面でも顕著な成果の出た事件でした。

その他の解決事例

132万円
獲得成功!!

後遺障害部位

なし

後遺障害内容

なし

粘り強い示談交渉により依頼者の過失割合を2割減らして示談が成立した事案

後遺障害等級:なし

解決方法:交渉

依頼者:40代 女性 主婦

保険会社提示額
83万円

解決方法
交渉
解決期間:2年

賠償金増額に成功!!
132万円

250万円
獲得成功!!

後遺障害部位

なし

後遺障害内容

なし

通院慰謝料について裁判基準で示談が成立した事案

後遺障害等級:なし

解決方法:

依頼者:40代 男性

保険会社提示額
215万円

解決方法

解決期間:2年

賠償金増額に成功!!
250万円

70万円
獲得成功!!

後遺障害部位

仙骨骨挫傷、腰椎椎間板挫傷

後遺障害内容

頸椎椎間板ヘルニア

示談交渉により,保険会社提示額から大幅に示談金を増額することに成功した事案

後遺障害等級:非該当

解決方法:示談

依頼者:50代 男性 会社役員

保険会社提示額
15万円

解決方法
示談
解決期間:1年

賠償金増額に成功!!
70万円

260万円
獲得成功!!

後遺障害部位

右股関節

後遺障害内容

右股関節痛

示談交渉の結果,保険会社の提示額130万円から倍額の260万円で示談が成立した事案

後遺障害等級:14級9号

解決方法:示談

依頼者:50代 男性 自営業

保険会社提示額
130万円

解決方法
示談
解決期間:7ヶ月

賠償金増額に成功!!
260万円

1580万円
獲得成功!!

後遺障害部位

脊柱、右下肢

後遺障害内容

脊柱変形、右下肢の神経症状等

休業損害の打ち切りを防ぎ、ほぼ裁判基準の慰謝料金額で示談が成立した事案

後遺障害等級:併合11級(11級7号、14級9号)

解決方法:示談

依頼者:30代 男性 会社員

保険会社提示額
0万円

解決方法
示談
解決期間:1年

賠償金増額に成功!!
1580万円

賠償金増額できなければ、報酬は一切頂きません。

交通事故の無料相談はこちら