相続人の一人が被相続人の預金から私的な出金を行っていた事例 |川崎で相続、遺産分割を弁護士に相談なら川崎ひかり法律事務所

電話受付時間 平日9:00~17:00まで

044-223-4402

土日・夜間対応可

即時相談可

JR川崎・京急川崎駅
から徒歩

相続人の一人が被相続人の預金から私的な出金を行っていた事例

  • 性別:男性
  • 依頼者情報:年代:50代   続柄:長男

背 景

被相続人Aが亡くなって、その相続人であるXさん(長男)とYさん(長女)の2名が遺産相続をめぐって争いが生じていた状況で、Xさんがご相談に来られました。
被相続人Aは、生前、Yさんと長年同居していて、亡くなる数年前からは、金銭管理をほとんどYさんに委ねている状態でしたが、具体的にYさんがどのような金銭管理等を行っていたのか等については、Xさんからは一切分からない状態でした。

主 張

被相続人Aの財産状況については、XさんとYさんとの間で情報格差が大きいため、そのような情報格差をなくし、公平な遺産分割を行うことを希望されていました。

解決策

弁護士は、Xさんから委任を受けて、Yさんに対する遺産分割調停を申し立てました。
遺産分割調停の中で、弁護士が、Yさんが事実上管理していた被相続人A名義の通帳の履歴を開示させたところ、亡くなる数年前から、使途が不明である出金履歴が多数存在していることが判明しました。
そこで、弁護士は、そのような使途不明金を一つ一つ特定した表を作成し、Yさんに対して、使途を明確に回答するように求めました。
Yさんとしては、自分が通帳を管理していた時期について、具体的な使途を説明できない場合には、Xさんから不当利得返還請求を受けるおそれがあったため、概ね回答に応じてもらうことができました。
回答の結果、Yさんは、被相続人Aの預金のうち、数十万円の金額を私的に出金していたことが判明したため、その半額を返還してもらうことができました。
このような処理を行った上で、最終的に、被相続人Aの遺産については、法定相続分に応じて、それぞれが2分の1ずつ取得する形で、公平な遺産分割を実現することができました。

結 果

上記のように、遺産分割の事案において、相続人の中でも、遺産の状況等に関する情報量に格差が存在するケースは珍しくありません。
そのような情報格差をなくし、あるいは、そのような情報格差を前提としながら、自己に不利益が生じないように分割協議を進めるためには、知識や経験のある弁護士にご依頼されることが、最もリスクを避けられる方法であると思います。
遺産分割協議でお悩みの方は、是非、相続問題に強い川崎ひかり法律事務所にご相談ください。
相続に関する問題に直面した場合には、ぜひお早めに&お気軽に、相続問題に強い川崎ひかり法律事務所にご相談ください。

その他の解決事例

持病を持つ身寄りのいない高齢者の方の生前対策

  • 性別:男性
  • 依頼者情報:年代:60代   続柄:本人

相談前

相談者Xさんが重い持病を持っており、持病が悪化して亡くなった場合に誰も葬儀や納骨などの手続をやってくれる人がおらず、また、入院手続などもしてくれる人がいなかったので、事前に様々な対策をしておきたいというご相談でした。

詳しく見る

遠隔地に住む相続人16人の事案で、無事に不動産を換価し解決できた事例。

  • 性別:女性
  • 依頼者情報:年代:80代   続柄:妻

相談前

自分以外は被相続人の兄弟姉妹が相続人となる事案で、かつ、相続人の中には既に亡くなってしまっていて、甥姪が相続人になっている方もいらっしゃるという状況でした。
相続人が多数で、遠隔地に住んでいるとともに、相続人との間にこれまで交流が全くないことなどから、話が前に進んでいかない状況となっていました。

詳しく見る

被相続人の脳梗塞発症後、被相続人と同居していた相続人に有利な公正証書遺言が作成されている状況で、同遺言の無効を争い、最終的に依頼者の意向を反映した形での訴訟上の和解に至った事案

  • 性別:男性
  • 依頼者情報:年代:40代   続柄:孫(代襲相続人)

相談前

被相続人には複数人の子がいて、生前から各相続人に引き継がせる予定で土地が用意されており、依頼者の実家建物も被相続人名義の土地の上に建っている状況でした。
被相続人の死後、相手方となる相続人から公正証書遺言内容が開示され、それによれば、上記実家建物が建っている土地は相手方となる相続人に相続させることとなっていました。
この遺言によれば実家建物を収去しなければなくなるということで、依頼者は大変困っていました。

詳しく見る

父が亡くなり、相続人の兄との協議ができなかったので、遺産分割調停を経て、依頼者主張の分割案で遺産分割の審判が下された事例

  • 性別:男性
  • 依頼者情報:年代:60代   続柄:二男

相談前

父Aさんが亡くなり、相続人は依頼人のXさん(二男)と兄のY(長男)さんでした。
しかし、XさんとYさんは、折り合いが悪く、連絡がとれない状況でした。

詳しく見る

依頼者が死亡保険金や生前贈与を受け取っていたが、依頼者の有利に遺産分割協議が成立し、合わせて共有関係の解消にも成功した事案

  • 性別:女性
  • 依頼者情報:女性2名 年代:70代、40代   続柄:配偶者,長女

相談前

相手方Yは二女でしたが、①依頼者Xさんが死亡保険金を受け取っていること、②生前贈与を受けていることを主張し、協議がまとまらない状況でした。
また、相続とは別の話になりますが、二女Yは依頼者2名との共有の自宅不動産の売却を希望している状況でした。

詳しく見る

経験豊富な弁護士が多数在籍

オンライン相談可能

相続問題は、実績豊富!

川崎市密着18年以上の川崎ひかり法律事務所にお任せください

電話受付時間 平日9:00~17:00まで

044-223-4402

土日・夜間対応可

即時相談可

JR川崎・京急川崎駅から徒歩7分

メール予約受付時間
24時間365日