逸失利益の賠償方法に関する重要な最高裁判例(令和2年7月9日) | 川崎で交通事故に強い弁護士への相談

JR川崎・京急川崎駅
から徒歩

逸失利益の賠償方法に関する重要な最高裁判例(令和2年7月9日)

1 画期的な最高裁判決 2020(令和2)年7月9日に交通事故に関する画期的な最高裁判決が出ました。後遺障害による逸失利益について定期金賠償を認めるという判決です。では,どのような点が画期的なのでしょうか。 2 後遺障害による逸失利益とその算定方法 後遺障害による逸失利益とは,後遺障害が発生したことにより,労働能力が低下したため,将来にわたって減少するであろう収入等の利益のことを言います。そして,交通事故=不法行為の損害...

賠償金増額できなければ、報酬は一切頂きません。

交通事故の無料相談はこちら