相談するのに、何か準備をしていった方が良いですか。 |川崎で交通事故に強い弁護士への相談

JR川崎・京急川崎駅
から徒歩

相談するのに、何か準備をしていった方が良いですか。

ご質問への回答

資料がなくても、ご相談は可能ですが、相談の概要やこれまでの経緯をまとめたメモをお持ちいただけると、相談をスムーズにすすめ、より的確なアドバイスをすることができます。
また、下記の資料があれば、よりスムーズですので、ご確認ください。

※面談の際、ご持参いただきたいもの(必須ではありません)
・本人確認のための身分証明書(運転免許証等)
・交通事故証明書
・加害者側保険会社の連絡先が分かる書類
・交通事故の状況が分かる書類
・後遺障害診断書の写し
・後遺障害等級認定結果の写し
・保険会社からの提示額が分かる書類
・認め印

その他のよくあるご質問

今の悩みが法律問題なのか分からないのですが

A

一般の方が法律問題かどうかを判断することは難しいでしょう。一見、些細なことのように見えても、その裏には重大な法律問題が含まれていることもよくあります。
些細なことでも構いません。まずはお電話又はメールでお問い合わせください。

自分以外のことでも、相談できますか。

A

ご相談を受けることは可能ですが、ご本人ではないとわからない事情や話せない事情がある場合、結局二度手間になることも考えられます。正確なアドバイスをさせていただくためにも、できるだけご本人がお越しいただくことをおすすめしております。

電話やメールで、弁護士費用を教えてもらえますか。

A

法律の案件は一つ一つが異なります。概算や幅をお伝えすることは可能ですが、実際にご提示いただく金額と異なることもございますので、できればご来所いただき、ご説明させていただくことをご推奨します。

友人や家族の相談に付き添ってもかまいませんか。

A

相談されるご本人が了解されていれば、付き添われることはかまいません。ただし、弁護士には守秘義務がありますので、ご本人の了解が得られなければ、退席をお願いすることがありますので、ご了承ください。

土日祝日は、お休みですか。

A

原則としまして、土日祝日はお休みとさせていただいております。
ただし、ご事情によっては土日祝日のご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

賠償金増額できなければ、報酬は一切頂きません。

交通事故の無料相談はこちら