交通事故でPTSDになった場合の注意点 | 川崎で交通事故に強い弁護士への相談

JR川崎・京急川崎駅
から徒歩

交通事故でPTSDになった場合の注意点

1 はじめに 交通事故で予期せず凄惨な場面を見て,また自身も傷害を負ってPTSDと診断されることがあるかもしれません。その場合,裁判上ではPTSDはどのように評価されるのでしょうか?   2 PTSDが問題となった裁判例 原告がPTSDによる後遺障害について後遺障害等級9級を前提として損害賠償を求めた事案で,東京地方裁判所平成14年7月17日判決は,以下のように述べています。 「…いずれも医学的診断...

後遺障害の認定の流れ

1 後遺障害にはどんなものがあるのか? 後遺障害と一言で言ってもなかなかイメージがつかみにくいものですよね。後遺障害には重いものから,局部に神経症状を残すものや酷い傷跡を残すものなど様々なものがあります。(※後遺障害の種類については,後遺障害の種類の分類をご参照ください。)ひょっとして,後遺障害かも!?と思ったら早めに弁護士に相談することをお勧めします。   2 後遺障害認定の流れ まずは、治療が大切です...

頚椎(腰椎)捻挫における整骨院(接骨院)通院の注意点

はじめに 交通事故により、頚椎(腰椎)捻挫と診断された被害者が、整形外科と同時並行的に整骨院へ通院するケースが、実務上しばしば見受けられます。そのような場合の基礎知識や注意点を説明します。 整骨院とは まず大前提として、整骨院は、病院ではありません。整骨院で受けることができるのは、医師の治療ではなく柔道整復師などによるマッサージなどの物理療法・施術になります。そのため、診断書も作成されません。 整骨院のメリット 整骨...

後遺障害等級を獲得するためのポイント

1 後遺障害等級とは? 交通事故の被害に遭った場合には様々な怪我を負います。もちろん、怪我を治療するためにまずは治療に専念していただいて、治療の結果として完治することが一番です。しかし、残念ながら、治療に専念したにもかかわらず怪我が完治せず、後遺症が残ってしまうケースも多々あります。このように、十分な治療を行った結果、それでも残ってしまう後遺症の種類や程度に応じて認定されるのが「後遺障害等級」です。 例えば、骨が変更し...

裁判官も悩む,高次脳機能障害の等級認定について

1 高次脳機能障害は外部から分かりにくい 交通事故によって脳が損傷すると,認知や言語,情動・人格などの能力である「高次脳機能」に障害が生じ,「うまく言葉にできない」,「なかなか覚えられない」,「怒りっぽくなる」等,さまざまな症状が出ることがあります。これらを総称したのが「高次脳機能障害」です。 高次脳機能障害になった場合の障害等級は,1級,2級,3級,5級,7級,9級に分類されます。このうち,5級,7級,9級の基準は,...

賠償金増額できなければ、報酬は一切頂きません。

交通事故の無料相談はこちら