母の相続について遺産分割手続を代行した案件 |川崎で相続、遺産分割を弁護士に相談なら川崎ひかり法律事務所

JR川崎・京急川崎駅
から徒歩

母の相続について遺産分割手続を代行した案件

  • 性別:男性
  • 依頼者情報:年代:50代   続柄:長男

背 景

母Aさん(被相続人)が亡くなり、兄X1さん、妹X2さんが相続することになりましたが、被相続人名義の不動産及び預貯金があり、相続手続の方法がわからないということで、X1さんとX2さんが相談にいらっしゃいました。

主 張

X1さんとX2さんとしては、法定相続分での相続を前提とつつ、ご自身たちの手続き的な負担を最小限にし、早期に遺産分割手続を終了させることを希望していました。

解決策

X1さんとX2さんは、遺産分割手続の代行を希望しておりましたので、不動産及び預貯金の相続手続を代行いたしました。

まず、遺産分割手続には、戸籍調査が必要であるので、被相続人の戸籍取得手続を全て代行し、早期に全ての戸籍を揃えました。

次に、不動産の相続手続においては、不動産登記が必要となるので、司法書士と連携し、遺産分割協議書を作成した上で、登記手続を完了させました。

更に、預貯金の相続手続においては、銀行から必要書類を取り寄せ、必要事項の記入や必要書類の準備を行い、X1さんとX2さんの負担をできるだけ減らしながら相続手続を終了させました。

結 果

相続手続は急に発生しますが、多くの方はその適切な対応方法がわからないにもかかわらず、早期に解決することが求められます。紛争性の高い案件はもちろんですが、紛争性がない場合でも、弁護士に依頼することで、ご自身たちの負担を最小限に減らしながら、早期に解決することができます。相続についてお悩みの方は、ぜひ一度、相続問題に強い川崎ひかり法律事務所にご相談にいらしてください。

その他の解決事例

兄妹相続において、自宅を守りつつ、遺産分割協議を成立させた案件

  • 性別:女性
  • 依頼者情報:年代:50代   長女・二男

相談前

母Aさんが亡くなり、兄Bさん、姉Cさん、弟Dさんが相続することになりましたが、Aさん名義の不動産にCさんとDさんが住んでいたために、Bさんから、CさんとDさんが不動産から立ち退き、全員で不動産の売却手続を進めることを提案されました。
CさんとDさんは他に住む場所がなかったため、Bさんの要求を拒否していたところ、Bさんが弁護士を立てて、立ち退きを要求してきました。そこで、分割方法を含む相続の進め方全般について悩み、CさんとDさんが相談にいらっしゃいました。

詳しく見る

遺産分割協議中に相続人の一人がお亡くなりになってしまった事案

  • 性別:男性
  • 依頼者情報:年代:70代   続柄:弟

相談前

兄弟相続の事案(相続人は当初3名)でしたが、被相続人の遺産分割協議中に、相続人の一人がお亡くなりになってしまいました。
これまでは当事者だけでお話しをされてきましたが、手続が煩雑になったこともあり、ご相談に来られました。

詳しく見る

行方不明の相続人を探し出して遺産である不動産を換価分割した事例

  • 性別:女性
  • 依頼者情報:年代:60代   続柄:長女

相談前

母Aさんが亡くなり、相続人は依頼人のXさん(長女)と行方不明の長男Yの2人でした。Aさんの遺産は不動産のみでした。

詳しく見る

相続人の一人が被相続人の預金から私的な出金を行っていた事例

  • 性別:男性
  • 依頼者情報:年代:50代   続柄:長男

相談前

被相続人Aが亡くなって、その相続人であるXさん(長男)とYさん(長女)の2名が遺産相続をめぐって争いが生じていた状況で、Xさんがご相談に来られました。
被相続人Aは、生前、Yさんと長年同居していて、亡くなる数年前からは、金銭管理をほとんどYさんに委ねている状態でしたが、具体的にYさんがどのような金銭管理等を行っていたのか等については、Xさんからは一切分からない状態でした。

詳しく見る

不動産を他の相続人に取得してもらって、代償金を得るなどして解決した事案

  • 性別:男性
  • 依頼者情報:年代:80代   続柄:妻

相談前

妻と子らが相続人となる事案で、長男Yが相続手続の話を進めており、依頼者Xさんは遺産内容等も把握できていない状況でした。

詳しく見る

経験豊富な弁護士が多数在籍

オンライン相談可能

相続問題は、実績豊富!

川崎市密着18年以上の川崎ひかり法律事務所にお任せください

電話受付時間 平日9:00~17:00まで
(ただし12時~13時を除く)

0120-223-154

土日・夜間対応可

即時相談可

通話無料

JR川崎・京急川崎駅から徒歩7分

メール予約受付時間
24時間365日